コロナによる緊急事態宣言解除の都道府県は?今後注意する点は? 

こんにちはヒロキです。

4月から続いている国の緊急事態宣言ですが、

今日で多くの地域で解除される見通しです。

その対象となるのはどこの都道府県なのか、

また今後気を付けなければいけないことは

あるのか、まとめてみました。

どうぞご覧ください。

スポンサードリンク

緊急事態宣言解除の都道府県は?

まずは現在全国で行われている

緊急事態宣言のうちどの地域が

解除の対象になるのか見ていきたいと

思います。

現在全国で緊急事態宣言が発令

されているのに加え、北海道、

千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、

京都府、茨城県、石川県、愛知県、

岐阜県、大阪府、兵庫県、福岡県の

13都道府県は特定警戒都道府県に

指定されています。

今回緊急事態宣言が解除されるのは

この特定警戒都道府県以外の県と

茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、

福岡県の5県を加えた計39県が

解除される見通しです。

ただし、愛媛県に関しては完成経路の

確認など調査の徹底が条件に

なっています。

スポンサードリンク

今後の注意点は

緊急事態宣言が解除されたからと言って

すぐに元の生活に戻れるわけでは

ありません。

今後も外出自粛や都道府県をまたいでの移動、

3密を避けるといったこれまで通りの対策を

続けていかなければいけません。

愛知県などでは引き続き飲食店や

パチンコ店などには営業自粛を

呼び掛けていく可能性があると

述べていました。

また、緊急事態宣言解除により

再び感染が拡大した場合、

再度自粛要請が出てしまう

可能性があります。

緊急事態宣言解除はコロナの

終わりではなく、引き続き対策を

していく必要があります。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする