歌手の由紀さおりさんがヒルナンデスにゲスト出演!彼女の経歴は?結婚は?子供は?

歌手の由紀さおりさんがヒルナンデスに

ゲスト出演されるそうです。

夜明けのスキャットや生きがい、

手紙などの曲で有名な彼女ですが、

由紀さおりさんについて気になったので、

調べてみました。

スポンサードリンク

由紀さおりさんのプロフィール

出典:http://www.yuki-yasuda.com/profile/yukisaori.html

生年月日  1948年11月13日

本名    安田 章子(やすだ あきこ)

出身地   群馬県

血液型   A型

趣味    陶芸、日舞

所属事務所 安田音楽事務所

由紀さおりさんの経歴

由紀さおりさんは群馬県桐生市に

生まれますが、3歳の時に横浜へ

引っ越しています。

子供のころから音楽活動にかかわり、

小学生から高校生まで、ひばり

児童合唱団に所属していました。

高校は東京の洗足学園第一高等学校へ

進学し、その後、洗足学園短期大学

英文科を卒業しています。

はじめのころは、安田章子として

活動していて、「ヒッチハイク娘」で

歌謡曲歌手デビューしますが、

ヒットには恵まれませんでした。

その後、1969年に東芝音楽工業

(現在のユニバーサル ミュージック

EMI Records Japanレーベル)より、

「夜明けのスキャット」で

由紀さおりとして再デビューしました。

この曲は150万枚を売り上げ、

ミリオンセラーとなりました。

そして、この年の紅白歌合戦に

初出場します。その後、10年連続で

紅白歌合戦に出場することになりました。

このとき、アニメ「サザエさん」の

主題歌に由紀さおりさんを起用する話が

ありましたが、夜明けのスキャットで

再デビューする時期と重なり

断念したということです。

その後は、1970年には「手紙」で

日本レコード大賞歌唱賞を受賞し、

1973年には「恋文」で日本レコード

大賞最優秀歌唱賞を受賞しました。

スポンサードリンク

由紀さおりさんの結婚は?子供は?

由紀さおりさんは1969年に

音楽ディレクターの大森昭男さんと

結婚しています。

大森さんは由紀さおりさんの

1回り年上だそうです。

しかし、結婚7年目で別居生活となり、

14年目に離婚されています。

二人の間に子供はなく、由紀さんは

歌うことを第一に考えて活動

されてきたようです。

その後、アメリカ在住の男性と知り合い、

渡米して再婚することも

考えたそうですが、母親に反対され

断念します。

それでも、その男性とのお付き合いは

続いていたそうですが、長距離恋愛

ということもあり、2006年に

分かれたそうです。

終わりに

今回は歌手の由紀さおりさんについて

ご紹介しました。

有紀さんは長い間、音楽活動に全力で

取り組んできたことが分かりました。

そんな彼女の今後の活躍を

期待したいと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする